7つの黒アイライナー【全色レビュー】UZU 7 SHADES OF BLACK

今回はUZUのアイライナーの中でも、ブラックに特化したシリーズ「7 SHADES OF BLACK」シリーズを全色レビューします!

リキッドアイライナーの売れ筋ランキングでは、必ず上位に入っているほど大人気の商品です♪

2019年3月に発売されたUZUの「アイオープニングライナー」は13色のカラフルなアイライナーでしたが、そこから色々なポイントがアップデートされたので、変化したポイントから、スウォッチまでご紹介して行きます!

UZU “7つの黒”のアイライナーとは?

2021年1月に全国発売された”7つの黒”シリーズのUZUのアイライナーで、もともとは2019年から他国のオンラインストアと国内一部の直営店だけで販売されていたシリーズでしたが、内容のアップデートとともに全国展開されることになりました。

名前の通り、黒に特化したアイライナーシリーズで、全てのカラー名称にブラックというワードが入っています。

カラー名はこの通りです。

カラー展開
PITCH-BLACK(ピッチブラック)

MATTE-BLACK(マットブラック)

METALLIC-BLACK(メタリックブラック)

PLATINUM-BLACK(プラチナムブラック)

RED-BLACK(レッドブラック)

NAVY-BLACK(ネイビーブラック)

GREEN-BLACK(グリーンブラック)

また筆部分にかなり力を入れているそうで、「大和匠筆™」と「フェルトby 大和匠筆™」という技術を採用し、高度なテクニック無しで、綺麗な仕上がりや描き心地の良さ、美しい発色を実現したそうです。

描き心地については、後ほどレビューします!

全色スウォッチ

それぞれの色名を腕に描いてみました!

スウォッチの写真

7つの黒と謳われていますが、薄いグレーのようなカラーや鮮やかなネイビーなどカラーバリエーションが豊富で、ブラックに関係する様々なカラー展開があります!

それぞれ試してみたので、各カラーを簡単に解説して行きます!

PITCH-BLACK(ピッチブラック)

濃厚なブラックでしっかりとアイメイクを締められるアイテムです。少しツヤ感があるので、はっきりしたアイラインを演出することができます!

MATTE-BLACK(マットブラック)

上記で説明したピッチブラックと同じく、濃厚なブラックですが、乾くとツヤが消えてマットな質感になります。ツヤ感がない分、肌の質感と馴染む印象でピッチブラックよりもナチュラルに目元の存在感を出せます。

METALLIC-BLACK(メタリックブラック)

透明感のあるグレーで、ブラックほど強い印象を与えず、程良くアイメイクを締めてくれるカラーです。メタリックと聞くとギラギラした色を思い浮かべるかと思いますが、輝きは控えめなので日常でも使いやすいブラックです。

PLATINUM-BLACK(プラチナムブラック)

小さなラメが少し入っていますが、ほとんど目立ちません。メタリックブラックよりも淡く、さらに透明感のあるグレーです。シリーズの中では一番目立たないブラックなので、控えめにアイラインを引きたい人にちょうど良いです♪

RED-BLACK(レッドブラック)

赤みがかったブラックで、焦げ茶のようにも感じられます。ブラウンメイクと合いそうな、温かみのあるカラーです。派手な印象にはしたくないけど赤みがかった色を取り入れたいという時にピッタリです!

NAVY-BLACK(ネイビーブラック)

鮮やかなネイビーで、アイメイクのアクセントになるカラーです。まぶたに引くとスウォッチで見るよりも自然な色味で、奇抜な印象にはなりません。

GREEN-BLACK(グリーンブラック)

少しグリーンが混ざったブラックで、モスグリーンのようなお洒落なカラーです。グリーンのアイライナーは使い所に迷ってしまうことも多いですが、このカラーはブラックが主体のグリーンになっているので、心配することなく使うことができます♪

筆の描き心地は?

本体が8角形になっているので鉛筆持ちがしやすく、手元がブレずにアイラインを引くことができます。

本体が円柱型のアイライナーはテーブルの上で転がってしまいますが、8角形だと転がることもなくノーストレスです!

筆先は、筆タイプの「大和匠筆™」とフェルトタイプの「フェルトby 大和匠筆™」という2つの種類があり、それぞれのカラーに合わせた筆先が採用されています。

アイライナーの写真

PITCH-BLACK→フェルト

MATTE-BLACK→フェルト

METALLIC-BLACK→筆

PLATINUM-BLACK→筆

RED-BLACK→フェルト

NAVY-BLACK→フェルト

GREEN-BLACK→筆

2種類それぞれの特徴は以下の通りです↓

大和匠筆™

UZUのアイライナーは筆の質にこだわりがあり、熊野筆で有名な広島の「熊野」と、1200年も前から筆づくりをしている「奈良」で、7人の職人が手揉みで作っています。

過去に発売していたアイライナーより、毛量を28%増やしたり、筆のしなりとコシをアップさせたりと、描きやすいように色々とアップデートされています!

フェルトby 大和匠筆™

超極細のナイロンをUZU独自の技術で成形して作られたフェルトチップで、シルクのようななめらかな描き心地です!

筆タイプのものよりやや筆先が長く、細くも太くも描くことができます。

滲みにくさ 

このアイライナーは「落とすまで、滲まない。」というのがキャッチコピーになっていて、ウォータープルーフタイプです。

朝にメイクをして外出し、13時間ほど経過を見てみましたが、アイラインは朝と何も変わらない状態で綺麗に残っていました。

こすれにも強いと感じたので、試しにクレンジングウォーターを含ませたコットンで腕に描いたスウォッチを擦ってみました!

左が描いたばかりのスウォッチで、右がコットンで擦った後です。

何度も強く擦ってもなかなか落ちませんでしたが、カラーによって若干の差がありました。

落ちづらいカラーから順番に上げると、

マットブラック>ピッチブラック>レッドブラック>グリーンブラック≧ネイビーブラック>メタリックブラック≧プラチナムブラック

の順番で、落ちづらいと感じました。

コットンで擦るとこのような結果になりましたが、実際にメイクに使ってみるとどのカラーも落ちづらく、大差は感じませんでした!

水、湿気、皮脂に強い処方なのに、お湯で洗うだけでポロポロ落ちてきて簡単にオフできて、クレンジングも不要です♪

最後に…目尻に引いて比較!

それぞれのカラーを目尻に引いて比較してみました!

腕に描いたスウォッチで見るよりも、瞼に引いた方が肌に馴染む印象です。

スウォッチより色の差がわかりづらいかもしれませんが、それぞれ少しずつ違っています!

瞼にラインを引いた写真

黒のアイライナーを持っていない人には、PITCH-BLACKとMATTE-BLACKはどんなアイメイクでも使える定番カラーなのでオススメです◎

透明感のあるPLATINUM-BLACKや、ほんのりグリーンを感じるGREEN-BLACKも、他ブランドではなかなか見かけないお洒落なカラーでこちらもオススメです!

  

黒だけで7色も展開されていますが、意外にもそれぞれの色に違いがあり、いろんな黒が楽しめるラインナップです♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA