【新マキシマイザー】4つの質感を試してみた!

マキシマイザーと言えば、2007年に発売されてから長年愛されてきたDiorのアイコン的存在です。

そんなマキシマイザーが、発売から16年経ってリニューアルしました。

カラーラインナップも豊富なので、今回はおすすめのカラーをいくつかご紹介をします。

マキシマイザーの使い方や効果については、こちらの記事をご覧ください。

マキシマイザーについて

商品名 ディオール アディクト リップ マキシマイザー
メーカー名 Dior
発売日 2007.7.27発売(2023.1.20リニューアル)
参考価格 ¥4,200- (税抜)
カテゴリー リッププランパー
質感 ツヤ

マキシマイザーの最大の特徴として、唇をふっくらさせるプランパー効果がありますが、プランパーとしての役割のだけではなく、唇にツヤを足すリップグロスとして使用することもできます。

また色展開が豊富で、シアーなナチュラルカラーから高発色で華やかなカラーまで揃っているので、どんなメイクにも合わせやすいです。

カラー展開

カラー展開は全24色

その内1色は数量限定カラーです。(2023年1月現在)

リニューアル以前も高い頻度で限定色が発表されていたので、今後もシーズンに合わせて限定色が発売されるかもしれません!

また今回のリニューアルから、全24色のカラー展開の中でもラメ感や発色の強さなどの質感ごとに、4種類に分類されています。

  • クラシック

    リニューアル前から販売されているカラー

    001 ピンク
    004 コーラル
    006 ベリー
    007 ラズベリー
    012 ローズウッド
    020 マホガニー
    038 ローズヌード

  • インテンス

    しっかり発色して華やかな仕上がり

    009 インテンス ローズウッド
    018 インテンス スパイス
    022 インテンス レッド
    024 インテンス ブリック
    026 インテンス モーヴ
    027 インテンス フィグ
    028 インテンス ディオール 8
    029 インテンス グレープ
    039 インテンス シナモン
    040 インテンス ブルーベリー

  • シマー

    透け感があって繊細なラメ入り

    005 シマーストロベリー
    014 シマー マカダミア
    019 シマー ピーチ
    021 シマー タンジェリン(数量限定色)
    023 シマー フューシャ

  • ホログラフィック

    細かいグリッター入り

    003 ホログラフィック ラベンダー
    010 ホログラフィックピンク

今回は、それぞれの質感から6色ピックアップしてご紹介します。

001 ピンク (クラシック)

2007年から2019年まではこのカラー1色のみ販売されていて、長年愛されている王道カラー。

色はほとんど付かないので、ケアのために使用する方が多い印象です。

とても繊細なラメが入っていますが、唇に塗ってみると肉眼ではほとんど見えないくらいのラメ感です。

012 ローズウッド (クラシック)

クラシックシリーズで、リニューアル前から展開していたカラー。

淡いピンクベージュで、オフィスメイクにも使いやすい色味です。

コーラルがかった色ですが、ものすごく黄みが強いわけではなく、パーソナルカラー問わず使いやすいカラーだと感じます。

繊細なゴールドラメ。唇に塗るとさりげなくチラチラ輝きます。

010 ホログラフィック ピンク (ホログラフィック)

ベースカラーはライトピンクですが、塗り広げてみるとほとんど色が付きません。

繊細なピンクラメがたっぷり入っているので単体でももちろん可愛いのですが、手持ちのリップに上から重ねてラメを足すのも可愛いです。

ホログラフィックタイプなので、細かいホロがたっぷり入っています。

1つ持っていると、手持ちのリップと組み合わせてニュアンスチェンジして楽しむことができます。

023 シマー フューシャ (シマー)

青ラメをメインに多色ラメがぎっしり入っています。

ベースカラーは華やかなピンクレッド。

華やかすぎないか心配になる方もいるかもしれませんが、少し透け感もあるので、唇に塗ってみると思っていたより馴染みやすいです。

ラメがぎっしり入ったシマータイプ。

唇に塗ると多色ラメが輝いて、華やかな印象になります。

018 インテンス スパイス (インテンス)

程よく赤みがあるテラコッタ。

血色感を保ちつつブラウンリップを楽しめます。

ブラウン系やベージュ系にアイシャドウとの相性が良く、落ち着いた印象なのにお洒落なメイクに仕上がります。

今回ご紹介するカラーの中では唯一ラメ無し。

煌びやかな印象にはならないので、TPO問わず使いやすいです。

026 インテンス モーヴ (インテンス)

まろやかなモーヴピンク。

ピンク系やパープル系のメイクが好きな方は、普段のメイクに合わせやすい色味です。

シルバーラメがたっぷり入っていて、唇に塗るとキラキラ輝きます。

保湿力や色持ちは?

ピリピリする感覚は塗った直後が一番強く、少しずつ薄れていって2時間ほど経つと感じなくなりますが、保湿されている感覚は2時間以上続きます。

就寝前に塗っておくと、数時間経った起床時でも唇がしっとりして、トリートメント効果の高さを実感します。

ヒアルロン酸チェリーオイルなどの保湿成分がたっぷり配合されているので、保湿力がとても高いです。

マキシマイザーにはティント効果が無いので、色もちが良いリップとは言えません。

「018 インテンス スパイス」を使って、色もちを試していきます。

塗った直後は、このくらいの発色ですが…

そのままドリンクを飲むと、マグカップにリップの色がべったりと移り、唇に付いた色は少し薄れてしまいました。

予想よりは色が残っていますが、ツヤ感は少し薄れて、唇の縦ジワも目立っています。

次は、ティッシュオフをしてみました。

しっとり保湿されている感覚は残っているのですが、色はほとんど落ちてしまいました。

濃いめのカラーの方が色残りしやすいので、少しでも色もちが良いリップが欲しい方は、高発色のインテンスタイプから選ぶことをおすすめします。

最後に

マキシマイザーはケア効果がとても高いアイテムです。

001番のピンクはほとんど色が付かないので、ナイトケアに使用する方も多いです。

001番以外は色が付いていて日中のメイクに使えるので、メイクを楽しみながらケアもできるのは嬉しいですよね!

全24色と、カラー展開も豊富ですので、是非お気に入りのカラーを見つけてみてください。

この記事は役に立ちましたか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA