FEMMUEの導入美容液《ルミエールヴァイタルC》使い方や効果は??

韓国発のオーガニックスキンケアブランドFEMMUEの中でも特に人気のある導入美容液、ルミエールヴァイタルC。


ブースター(導入液)と言われたり美容液と言われたり…用途が少しわかりにくいかもしれませんが、魅力の詰まったスキンケアアイテムですので、使い方や使う順番、特徴などをご紹介していきます!

ルミエールヴァイタルCの詳細

2018年2月28日発売。

ルミエールヴァイタルCは毛穴対策や美白に効果があるビタミンC誘導体が配合された導入美容液です。

美容液としての効果もありながらブースター機能も兼ね備えているので、ルミエールヴァイタルCを塗ると不要な角質が除去されて、その後に使う美容液や乳液が肌(角質層)に浸透しやすくなります!

↓ファミュのサンプルは、現品と同じ瓶の柄になっていてとても可愛いです♪

ルミエールヴァイタルCのサンプルの写真

使う順番は?

ルミエールヴァイタルCは導入美容液なので、基本的には使う順番に決まりがあります。

その基本の使う順番以外に、BAさんから教えていただいた例外のパターンもご紹介します!

基本的な順番

公式サイトでは、以下の通りに順番が紹介されています。

ヴァイタルCは導入美容液なので、洗顔後すぐに使うと思う方が多いかもしれませんが、化粧水で肌を整えてから使うと公式サイトに記載されています。

乳液や美容液が肌(角質層)に浸透しやすくなることを目的として開発されている製品なので、基本的には化粧水と乳液の間に使うのがおすすめです。

ヴァイタルCに含まれる成分の一部には抗酸化作用や炎症を抑える効果があるので、乳液の前にお肌に染み込ませることで、お肌のダメージに対するカンフル剤※としての効果も期待できます!

※カンフル剤…蘇生薬、回復薬などの意味

とろみのある化粧水を使う時の順番

公式に記載されている順番だと化粧水の後でOKなのですが、BAさんから頂いたアドバイスも一緒にご紹介します!

化粧水を洗顔後すぐに使う場合、ヴァイタルCをしっかり肌に浸透させることに着目すると、化粧水にとろみがあるとヴァイタルCの浸透を邪魔してしまうことが考えられます。

その場合は、ヴァイタルCを洗顔後すぐに塗り、その後にとろみのある化粧水を使用することで、化粧水のとろみに邪魔されることなくヴァイタルCを使用することができます。

順番は以下の通りです。

ただし、化粧水の前にヴァイタルCを使う場合は、たくさん含まれているビタミンCの抗酸化作用がお肌に直接影響してピリピリとした刺激を感じることがあります。

お肌の調子が悪い時は特に刺激を感じやすいので、そんな時は化粧水を先に使用して対策してみてください!

使用量について

使用量の公式の目安は3〜4滴。

テクスチャーは軽めのジェル状で、少しだけとろみがあります。

使用量はあくまでも目安なので、ご自身のお好みや肌の状態に合わせて肌に馴染む分量を使用すれば問題ありません。

滴数を数えるのが面倒な場合は、本体がスポイトになっていて目視しやすいので、スポイト半分程度を目安にするとわかりやすいです◎

↓こんな風にスポイト式になっていて、必要な量を手に出しやすく使いやすいです。

スポイト半分程度の使用量だと、朝晩の1日2回使用で2〜3ヶ月使うことができます。

美白効果はあるのか?

公式サイトに美白効果に関する明確な記載はありませんが、気になる方が多いかと思いますので少し調べてみました。

ヴァイタルCは、ビタミンCの他に“ツヤ肌成分”として3つの成分を大きくアピールしていますが、そのうち“ビサボロール”と“サフラワー油”にはメラニンの発生を抑制する成分があります

ビサボロールはメラニンを増加させる酵素を抑制しサフラワー油は必須脂肪酸のリノール酸を多く含有していて、こちらもメラニンの生成に必要な酵素を分解してくれます!

間接的な作用ではありますが、それぞれメラニンを増やす酵素を抑制または分解してシミの予防をしてくれるので、少なからず美白に関係する成分が含まれていると言えます。

(いずれも予防効果です)

あくまで予防ではありますが、さらに予防を助ける為に他のスキンケアの併用も検討すると良いかもしれません。一例をリンクしておきますのでご参考になれば幸いです。

ヴァイタルCと同じくビタミンC誘導体配合で、シミ予防などの効果が期待できる化粧水です。

成分と効果

天然由来成分が97.2%でオーガニック製品としても優秀です。

キー成分である「アスコルビルグルコシド」は、敏感肌の方でも刺激が少ないと言われているビタミンC誘導体です!

キー成分のほかに3つの“ツヤ肌成分”を含有していることが特徴で、その3つの成分と特徴は以下の通りです。



・ビサボロール

先ほどの美白効果について説明した通り、
カモミールの油から抽出する成分で、
主に保湿効果を中心とし乾燥肌に対する効果や、
メラニンの増加を抑制してシミを抑えてくれます。

・サフラワー油

ベニバナの種子から抽出される油で、
保湿効果や抗炎症作用、メラニンの生成を防いでくれます。
ほかにもニキビ予防なども効果ありです!

・トコフェロール

ビタミンEの一種で抗酸化作用や血行の促進作用があり
お肌のターンオーバーにも効果的な成分です。


また肌を鎮静させるハーブと言われている「ツボクサエキス」「オウゴン根エキス」「イタドリ根エキス」「チャ葉エキス」も配合されています。

肌荒れ、花粉の痒み、ニキビなどに悩んでいる方にもおすすめです!

最後に

ルミエールヴァイタルCは、効果を実感してリピートする方も多い商品です!

お肌のくすみや紫外線のダメージが気になる方は是非一度試してみてください♪

※ファミュには他にもローズソフトナーという導入美容液もあります。

ヴァイタルCは価格が高すぎる!という方にはローズソフトナーもおすすめです!

この記事は役に立ちましたか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA