今回は、NARSのフェイスパウダーをご紹介します。

長年愛されているフェイスパウダーですが使用感はどうなのか、ご参考になれば幸いです♪

商品の詳細

NARSライトリフレティングセッティングパウダーの画像
NARS
ライトリフレティングセッティングパウダー
¥5,000+tax

商品名はライトリフレティングセッティングパウダー。

通称リフ粉で有名ですよね!

ルースパウダータイプとプレストパウダータイプの2種類販売されていますが、今回は特に人気の高いプレストタイプをご紹介します。

付属のツール

付属のパフがケースに内蔵されています。

ライトリフレティングセッティングパウダーのふたを開いた写真

ケースがコンパクトなのは嬉しいポイントですが、パフもとても薄いです。

パフの厚みを取った写真

なので私は付属のパフは使わず、リフ粉と相性が良いと言われているキャノンのエバーソフトを使用しています!

キャノンエバーソフトの写真
Canon
Ever Soft
¥300+tax

エバーソフトはとても人気なので品薄なことも多いです。

たまに高額で販売されていることもあるので、定価を把握しておいた方が良いかもしれません。

天然ラテックス100%で、もちもち素材のパフです。

ロージーローザのマシュマロスムースタッチパフももちもち系のパフで、エバーソフトと似ています!

エバーソフトは品薄なので見つからなければロージーローザを使うのもおすすめですが、エバーソフトの方がロージーローザより目が粗く、粉を含ませやすいです!

パウダー表面のプレスが固いので、ふわっとした柔らかい毛質のブラシでは粉を含ませづらいです。

どうしてもブラシで付けたいという場合は、硬い毛質のブラシや密度の高いブラシをおすすめします。

使い方

プレスが固いので、エバーソフトで表面を軽く擦り取るようなイメージで粉を含ませます。

肌の上で滑らすように塗るとファンデーションがよれてしまうので、軽く抑えるようにして塗っていきます。

見た目は真っ白なパウダーですが、肌につけると特にトーンアップ効果は感じられず無色のパウダーです。

ファンデーションの色が変わらないので白浮きの心配がありません!

指でたっぷり粉を取って塗ってみた写真

上の写真は指でたっぷり粉を取って塗っています。

うっすらパールが入っているので粉っぽい見た目にならず、ファンデーションのツヤ感を消さない仕上がりです。

グリグリ塗るとハイライトみたいに見えるくらいツヤツヤなのに、表面を触ってもサラサラで、肌を触るとカサカサと音が鳴るくらいです。

良くなかった所

全く崩れないというわけではない

リフ粉と言えばとにかく崩れにくいというイメージかもしれませんが、全く崩れないというわけではありませんでした。

ただ、時間が経っても汚く崩れるわけではなく肌に馴染んでいくような印象です!

ケースが真っ黒でマット素材でラメや汚れが目立ちやすい

チークやアイシャドウも同じ素材で、この汚れやすさはNARS特有です。

ステージ裏で慌ただしい中でも手から滑り落ちづらいように考えられた素材だそうですが…

良かった所

・マスクの内側にファンデーションがほとんど付かない!

時間が経っても汚く崩れるわけではなく肌に馴染んでいくような感じです。

他のパウダーと比較すると、確実に崩れにくいです◎

・乾燥しづらい!

「崩れにくい=乾燥しやすい」というイメージがあるかもしれませんが、リフ粉は乾燥しづらいです!

保湿成分であるグリセリンも配合されています!

しっとりするわけではないので乾燥肌の方にはおすすめしづらいですが、崩れにくさと乾燥しづらさが丁度良いバランスです!

最後に

悪い所も書いてしまいましたが、十分崩れにくいパウダーです。

ふわっとシルクのヴェールをかけたように、毛穴をボカして自然なツヤ感を出してくれます

プレストタイプは減りが早めなので、ルースタイプもおすすめです!

この記事は役に立ちましたか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA