Diorの人気マスカラ「ディオールショウ アイコニック オーバーカール」が、2020年8月7日にリニューアルされたので、ご紹介します。

仕上がりやモチの良さなどをレビューしていきます!

商品の詳細

アイコニックオーバーカールの写真
Dior
ディオールショウ アイコニック オーバーカール
¥4,200+tax

Diorには、ロングタイプやボリュームタイプなどマスカラの種類が沢山ありますが、こちらはカール&ボリュームタイプで、 “24時間仕上がりが持続する”というのがキャッチコピーになっています。

カラー展開は3色
・#090 ブラック

・#264 ブルー

・#694 ブラウン

数量限定でラメ入りトップコートの「#074 オーバー シークインス」も発売されていることもあったので、今後も数量限定色や新色が販売されるかもしれません!

今回は定番人気のブラックをご紹介します。

仕上がり

素っぴんの状態のまつ毛と、マスカラを塗った後の比較写真です↓

アイコニックオーバーカールを塗る前と塗った後の写真

私はナチュラルな仕上がりが好みなので、フチでしっかりと液をしごいてから、ベタっと付きすぎないようにまつ毛に塗っています。

ビューラーは使わずにまつ毛を持ち上げるようにしてマスカラを塗っているだけですが、カールタイプなだけあってビューラー無しでもまつ毛が持ち上がります!

ボリュームタイプのマスカラなので、しっかり塗ってボリュームを出すことも可能です。

少しだけ濃い目に塗ってアイメイクを完成させるとこんな仕上がりです↓

アイコニックオーバーカールを使ったメイク写真

持っているマスカラがロングタイプやナチュラルな物ばかりなので、それに比べるとかなりボリュームが出ています!

これくらい濃いめに塗ると、遠目で見た時でもまつ毛が目立ってハッキリした印象になります◎

もっと塗り重ねてボリュームを出すこともできますが、重ね塗りしすぎるとまつ毛の先に液が溜まって付いてしまうところだけが気になりました。

好みの問題と、塗り方のコツが掴めていないせいかもしれませんが…。

スッと伸びたまつ毛に仕上げたい方には不向きかもしれません。

持ちの良さ

カールキープ力は申し分無し!

朝塗って夜になってもカールが下がっていません。

ただ、時間が経つと繊維がポロポロと落ちて目の下に付いてしまいます

過去に、同じくDiorのロングタイプのマスカラを使っていた時も下まぶたに滲んでしまうことが多かったので、私の目元とDiorのマスカラの相性が悪いのかもしれません。

私が購入したものはお湯落ちタイプですが、同じアイコニックオーバーカールでウォータープルーフタイプもあるので、そちらだと持ちに違いが出るかもしれません!

※ウォータープルーフタイプの方だとブラックのみの1色展開で、本体のデザインも少し違います!

ブラシの形

ブラシはカーブ型になっています!

ブラシの写真

Dior独自の曲線ブラシだそうで、凹んでいる方でまつ毛をグッと持ち上げることができるので、ビューラー無しでもしっかりカールが作れます。

サイズが大きめなので一気に広範囲に塗ることができて楽チンですが、端の方など細かい部分は少し塗りづらいかもしれsません。

特に下まつ毛に塗る時は油断していると肌に付いてしまうので、気を付けて塗っています!

本体のデザイン

普段ロングタイプ派な私がアイコニックオーバーカール を選んだ理由は、リニューアル発売されたばかりで興味が湧いたからというのが一番でした。

でももう1つ大きな理由があって、それはパッケージの可愛さです!

キラキラなシルバーの本体と…

上部のこのロゴ!

Diorロゴの写真

ここがとても可愛いです♪

購入後に開封して実物を手に取ってみて、とってもテンションが上がりました!

最近はプチプラのマスカラでも品質が良いものが沢山ありますが、パッケージの可愛さでこんなに気分が上がるのはデパコスならではかなと思います。

また、キャップ部分を最後まで回すとカチッと閉まるので、少し開いてて液が乾いてしまうのを防げるところが嬉しかったです。

最後に

今回は珍しくイマイチに感じた部分が多かったです…。

完全に好みの問題だとは思うので、次にDiorのマスカラを購入する機会があれば、自然に長さが出せるという「ディオールショウデザイナー」を試してみたいと思います。

この記事は役に立ちましたか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA